アスターの花言葉(9月29日の誕生花) 誕生花と花言葉!

アスターの花言葉 (9月29日の誕生花)

アスター
月日9月29日
花名アスター
花言葉多様性
英名aster
学名AsterL.
原産中国
←09月28日    09月30日→
スポンサードリンク

アスターはギリシャ語で星(アステール・Aster)と言う意味で、花びらが放射状に開いている事から名づけられました。ギリシャのある伝説によると、星の女神アステリアがオリンポスから地上を見下ろすと、星が全くありません。悲しんだ彼女の目から一筋の涙が落ち、それが地上ではじけ、アスターの花になったという美しい物語です。アスターという種類は北アメリカを中心に、アジア、ヨーロッパ、アフリカの各地に250から500種もあると言われていて、この伝説の花がどの種かを特定するのは困難です。一般には、花の中心が黄色で金貨のような丸いものを共通に、青、薄紫、赤紫、ピンクなどカラフルな色の花びらがあります。日本では、シオン属を指すことが多くありますが、実際にはゴチャゴチャです。
アメリカの種類がはじめてヨーロッパに紹介されたのは1633年のことで、9月29日に秋の収穫を祝う聖ミカエル祭が行われ、その頃に咲くことからミカエルマス・デージーと呼ばれるようになりました。

その他の誕生花

  • ススキ
  • チトニア

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。