バラの新苗の上手な選び方

フレームで育てられ、4月中旬から自然環境になじませるために陽光に当て、丈夫な苗に仕上げられたものがお店に出回っています。茎が細くて軟弱なものはよくありません。太くがっしりとした横張りのあるものがよく、 …

バラの新苗の上手な選び方

バラの新苗を植える時期

1月上旬〜下旬にかけて、ノバラ(実生)2年生台木に切り継ぎしたな苗は、フレーム内で活着させ、育苗して5月上旬には30cm内外に伸長し、若い苗が出来上がります。これを新苗と呼び、晩霜の恐れがなくなった頃 …

バラの新苗を植える時期

バラの新苗の植えつけ場所

花壇を作る時は、日当たりと水はけの良い場所を選びます。日当たりが悪いとよい花がさきません、それどころか、病害虫に悩まされて失敗する可能性が高いです。水はけが悪い場合は、育ちが悪く、時には根が腐って枯れ …

バラの新苗の植えつけ場所

バラの新苗の植え方

普通、バラの花壇は群植します。ハイブリッド・ティ系(H・T=四季咲き、大輪、八重咲き)は70=90cmの間隔をあけて、1株ずつ植え付けします。ツルバラは1.5〜2mの株間を空けておかないと、ツル性のた …

バラの新苗の植え方

バラの植えつけ後の管理

新苗の場合はフレーム内で育てられた苗を初めて戸外に植えつけることになります。まだ活着しないうちに直射日光に当たって痛められることがあります。4〜5日間は70〜80cmぐらいの上を、ヨシズなどで覆って、 …

バラの植えつけ後の管理

バラの摘蕾と台芽かき

摘蕾とは、余分な養分の浪費を防ぐため、果樹・蔬菜などの蕾(つぼみ)をつみ取ること。若芽の出方は苗の状態によります。いずれにしても、若い茎はすくすくと伸び、やがてその先には小さな蕾が(つぼみ)がつき始めま …

バラの摘蕾と台芽かき

バラの施肥

新苗は1週間もすれば伸長し始めます。元肥を施してあっても、ハイネポネックス、ハイプラントFなどの800〜1,000倍液を7〜10日に1回水代わりにあげます。液肥だけを施す場合は、1年間この間隔で施しま …

バラの施肥

バラの水やり

5〜6月の期間は、花壇の土を乾燥させないように2〜3日に1回水を与えてしおれないようにします。真夏は特に土が乾燥するので、毎日夕方に水やりを続けましょう。9〜10月は5〜6月と同じように水やりをし、そ …

バラの水やり

バラの病気

バラには病気や害虫が必ずつくものです。病気には次のようなものがあります。黒点病春の開花期の前後から発病し始め、最初は葉に黒褐色の斑点があらわれ、次第に周囲が黄色くなり落葉します。下葉から発生し上葉に移 …

バラの病気

バラにつく害虫

害虫の発生は冬を除いていつでもあらわれます。アブラムシ若い茎や葉、つぼみに必ず発生するもので、茎や葉から養分を吸収して株を弱らせてしまいます。発生の初期にはマラソン乳剤などを散布します。アカダニ6月ご …

バラにつく害虫

バラの大苗の植えつけ時期

大苗とは、新苗に対して、秋に売られている大きな苗のことを言います。既に数本の太い枝(直径1〜1.5cmくらい)が出ているものを30〜40cmで切り詰めたものが出回っています。新苗に比べて丈夫なため、取 …

バラの大苗の植えつけ時期

バラの大苗の植え方

新苗の植えつけの要領に従って、元肥を施し植えつけます。終わったら株の周りに敷きワラをして、防寒と冬期中に乾燥して根を痛めないように保護します。また、寒冷地では株の周りに竹の支柱を立て、何かで覆って防寒 …

バラの大苗の植え方

バラの花壇

家庭園芸では、花壇面積に限度があります。このような場合、バラの場合は他の草花と混植しないで、一つにまとめる方が美しく表現するためにも理想的です。バラを美しく表現するためには、芝生とかシバザクラのように …

バラの花壇

バラの挿し木(バラの増やし方)

改良された優良品種は、挿し木しても活着率が悪く、たとえ発根してもその後の生育はよくありません。しかし、ツルバラの一部やミニチュア・ローズ(姫バラ)などは、この方法でよく増えます。冬越しした枝を10cm …

バラの挿し木(バラの増やし方)

バラの芽つぎ(バラの増やし方)

ノバラ(実生)の1〜2年生(直径1.5cm内外のもの)の若い苗木を台木にします。時期は7〜10月まで、つまり、台木の活動期に適当な長さで切り詰めて、鉢や花壇に植えつけしておきます。芽つぎする位置は台木の皮 …

バラの芽つぎ(バラの増やし方)

バラの切りつぎ(バラの増やし方)

ノバラの2年生のもの(直径1〜1.5cm)を使います。根は10cm内外で切り、地上部は3cm位に切りつめます。切り口をよく見ると、皮と身の部分が分かれています。この境目が形成層です。ここを上から下に約2c …

バラの切りつぎ(バラの増やし方)

©バラの花の育て方etc.

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。