青いバラ

スポンサードリンク

青いバラ

青いバラは、日本のサントリーフラワーズとオーストラリアの植物工学企業であるカルジーンパシフィック社(フロリジン社)との共同研究開発によって、世界で始めての青色色素を持ったバラが遺伝子組換え技術によって誕生しました。

青いバラは、2004年6月30日に発表され、2008年1月31日にカルタヘナ法に基づく一種使用規定承認を得ました。

不可能といわれていた青いバラ

長い間、青いバラは世界中のバラ愛好家の中では夢とされていました。

Blue Rose(ブルー ローズ)という英語には、「不可能」という意味さえ含まれるほどであったそうです。

品種改良では不可能な青いバラ

さまざまな研究で、バラには青の色素がないことがわかり、青いバラを品種改良のみで作ることが不可能と判明しました。

遺伝子組換え技術で青いバラが誕生

青いバラの誕生は、遺伝子組換え技術に委ねられ、青いバラが誕生しました。

青いバラの誕生には、14年の歳月を費やしました。

不可能から奇跡に

青いバラの花言葉は、当初、「不可能」「あり得ない」でした。

しかし、遺伝子組換え技術によって青いバラが誕生した後の花言葉は、「奇跡」「神の祝福」という花言葉も生まれました。

青いバラ
©バラの花の育て方etc.

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。