胡蝶蘭の病気・害虫

スポンサードリンク

直射日光による葉の日焼け

直射日光など、強い日差しにより葉が茶色く変色してしまうことがあります。その部分だけ切り取りましょう。

根腐れ

水のやりすぎ、通風の悪さによって起こります。葉が黄色く変色してきたら根腐れが始まっています。

葉に斑点

葉っぱが日焼けを起こし始めています。日の弱い場所に(直射日光があたらないところ)に移動してください。

葉が白化

日焼け後その傷口から菌が進入したものと思います。患部を切断してください。刃物は加熱消毒を行ないながら切断してください。株の管理はレースのカーテン越しに日が当たる程度にしてください。

新芽の根元が黄化

(新芽の根元部分がそれぞれ白い菌糸がみえている*マンネブダイセンM水和剤を穴にたまるほど噴霧はしています。この株は1月前から途中の葉の根元が黒くなって(カビです)葉が割けていました)フザリウム菌またはリゾクトニア菌による病害だと思います。対処は大変難しいです。根にも伝染していると思います。新芽(生長点)が死んでしまったのでこのまましばらく様子を見てください、脇から新しい株が出てくることがあります。新芽(生長点)が死んでしまったのでこのまましばらく様子を見てください、脇から新しい株が出てくることがあります。

新芽の根元が黄化

(新芽の根元部分がそれぞれ白い菌糸がみえている*マンネブダイセンM水和剤を穴にたまるほど噴霧はしています。この株は1月前から途中の葉の根元が黒くなって(カビです)葉が割けていました)フザリウム菌またはリゾクトニア菌による病害だと思います。対処は大変難しいです。根にも伝染していると思います。新芽(生長点)が死んでしまったのでこのまましばらく様子を見てください、脇から新しい株が出てくることがあります。新芽(生長点)が死んでしまったのでこのまましばらく様子を見てください、脇から新しい株が出てくることがあります。

ウイルス予防方法

ウイルス対策で最も大切なことは 感染を防ぐことです。ウイルスに感染している危険性のある株、他の植物と 一緒に管理しないこと。いろいろな作業をする際に、作業器具、手を殺菌することが大切です。作業器具は火であぶるのがよく 手は消毒用アルコールなどが用いられます。株自体にも殺菌剤を使うこともありますが すべてのウイルスに有効なものは今のところありません。株自体が丈夫なことも重要です。株を元気に保つことも大切です。ウイルスには感染を防ぐのが一番有効です。

ナメクジ

屋外に置く場合、ナメクジが付かないよう気をつけましょう。葉を食べられてしまいます。

この頃、ポツンと花芽が見え出してきます。花芽の幼い頃はナメクジがよくたかって一夜で食べてしまい、花を見られない事がよくあります。ナメクジを見つけたら、すぐに殺ナメクジ剤をまきます。

花が咲き終わったら

全ての花が咲ききるまで残しておくと、株全体が弱ってしまいます。1/3ほどの花が落ちてしまったら、根元から切って花瓶に挿しましょう。このとき根元からではなく、下から 2、3節残して切るとそこから新しい花芽が出て2、3ヶ月後にもう一度花を付けることがありますが、株がますます弱ってしまいますのであまりお勧めできません。

©胡蝶蘭の育て方etc.

当サイトは、当サイトによって生じるいかなる損害に対して、一切責任を負いません。